2007年06月17日

食洗機・ウォシュレット・インターホン設置

 私は自分で出来そうなことは自分でやってしまうタイプで、日曜大工的なことをして生活を快適にしてきました。

 生活の中でちょっとづつやれば簡単だったことも、引越しで同時に全部やると大変です。

 それぞれの作業をいつやったか覚えていないので、まとめて書きます。

■食洗機

 分岐水栓の設置と、ホースの延長が必要でした。台所の蛇口は引越し前から換えて置いたので、元栓を止めての作業は不要でしたが、それでもなんだか面倒です。

 延長ホースは意外にも在庫を置いている店がなくて、通販で買おうと思ったり、別の店で買おうと思ったりを繰り返し、結局ビバホームで買いました。前に使っていたホースだけでも、シンク上をナナメに横切れば届いたので、1週間ほどその状態でしのいでました。

 前に使っていたホースは、純正ホース(1m)に純正延長ホース(50cm)を接続していました。今回買ったのは、非純正の2mのホースです。分岐水栓や食洗機の接続部分は規格があるようで、非純正でも問題ないようです。

 延長のつなぎ目の無いホースになり、ちょっとだけスッキリしました。値段も、純正延長ホース(給水と排水それぞれ必要になる)を買うのに比べてほとんど変わりませんでした。

■ウォシュレット

 便座の交換と、電源配線と、分岐水栓の設置が必要です。電源コンセントが無いのには参りました。

 ウチの場合、トイレの電灯はセンサーライトにしています。センサーライトは便利です。消し忘れ防止とか、夜中に子供がトイレ行くのに楽なようにという意味もあります。

 センサーライトなので、トイレのスイッチは入れっぱなしです。なので、トイレの電灯の配線から、ウォシュレット用のコンセントを分岐しました。

 分岐水栓の設置は元栓を止める必要があり、タイミングを見計らっているのが今まで続いて、いまだ設置してません。

 便座だけ豪華になっている状況です。

■インターホン

 既設の呼び鈴は100Vが直に玄関のボタンに来ているタイプで、ボタンを押すと金属板にハンマーが打たれるだけのシンプルなモノです。音量調節はスリットの幅を手動で変えるという、故障率の低そうなギミックになっています。

 しかし、今時、呼び鈴ってのは無いでしょう。

 インターホンを取り付けるためには100Vの無効化が必要で、面倒です。

 配線は直接埋め込みではなく、配管の中を通っています。配線の変更を最小限にするため、配管の中に新たにインターホン用のコードを通線しました。通線工具なんていうマニアックな工具を自分で持っています。これは非常に便利です。

 玄関のスイッチを外すと、100Vが掛かりっぱなしの裸線が出てきます。これは単純にビニールテープで保護しました。経年劣化が心配です。

 なお、電気工事士の資格を持ってないとこの作業は違法になってしまいます。私の場合は(以下検閲削除)
posted by 10a10ta9 at 15:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 引越し
この記事へのコメント
突然のコメントすみません!
来月から都営住宅に入居が決まりまして、食洗機を一緒に持っていきたいのですが、分岐水栓などの取り付けは自分でもできるのでしょうか?
都営住宅なのでいじるのが難しそうに思え、業者にお願いしたほうがいいのかなとか考えています。でもコストをおさえるためにネットで食洗機を買ったのに、別途に水栓や工事費を払うことになると無駄な努力だったなと・・・

ネットで検索しましたらこのHPにたどりつきましたので、質問させていただきました。
お時間あるときに記載したアドレスにお返事いただけると幸いです。
Posted by 池田 真美 at 2007年11月05日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。