2007年05月31日

通信環境

 ちょっと戻りますが、Bフレッツの開通が遅れそうなので、Bフレ以外のインターネット回線を契約しなければなりません。それと、ひかり電話を入れるつもりで加入電話は解約するつもりですが、Bフレが入らなければひかり電話も使えないわけで、加入電話の移転も申し込まなければなりません。

 加入電話の移転は26日にWeb経由で申し込みました。28日にメールで返事が来て、さらに直電も来たのですが不在着信になってしまい、29日午前中にオペレーターと会話することが出来ました。そして、ギリギリ4日に移転することが出来ました。

 インターネットは、安いADSLも魅力的なのですが、局社からの距離的に使い物になりません。また、加入電話の移転と同時に開通するのは難しそうです。

 面倒なので、J:COM(CATV)に申し込みました。Webからの申し込みが29日。J:COMからの電話が30日。J:COMは営業が訪問してきて、申込書を書かなければならないそうです。訪問の日程が6月1日。開通が6月5日。これが一番早い開通日程でした。インターネットは工事費0円かつ何ヶ月か割引するのが当たり前のこのご時世に、J:COMは工事費5250円を徴収します。高いけれども、インターネットが使えない生活はありえないので我慢します。

 通信環境といえば、ウィルコムの電波の入りが悪いです。窓際で話せばOKなのですが、ちょっと部屋の内側に入ると圏外警告が鳴り、途切れ途切れになります。

 それを改善すべく、ホームアンテナのレンタルを申し込みました。26日に116に電話して申し込み、31日に届きました。

 私としては通信環境が整ったのですが、妻のSoftbank(2G)の電波が弱々です。3Gならホームアンテナを申し込めますが、Softbankの3G契約は今更ありえないでしょう。改善するとしたら、auかDoCoMoにMNPです。FOMAの小型基地局が至近距離にあるので、FOMAなら安心です。でも全般的にはauの方がいいでしょうか? この辺は今後の課題です。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月30日

シーリングライトを装着

 シーリングライトを装着しました。リモコンの設定が2chあるのですが、配置に悩みます。北側の部屋と、その対角にある南側の部屋を同じチャネルにしました。でも、全部同じチャネルにしても問題なさそうな気もします。これは運用しながら改善していこうかと思うところです。

 全点灯と、減光状態があるのですが、減光は1管を消すだけだと勝手に思ってました。実際には、両方の管の明るさが50%になります。これを見たとき、世の中の流れから取り残されていたような気持ちになりました。インバーター式はみんなそうなのかね??

 買ったのはコレ↓です。
 

 通販のほうが安かった・・・。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月29日

クッションフロア・ウッドカーペット敷き込み

 楽天で注文したウッドカーペットが届く日です。また、ブレーカーを20Aから30Aに換える日でもあります。クッションフロアを敷き込みながら、来客を待ちます。

 「掃除程度」の範疇を超えているような気もしますが、まあ、ええ。

 クッションフロアはミリ単位で測って切って貰ったのですが、やはりズレが生じてます。切るときのズレではなく、測る時のズレでしょう。というか、部屋の直角であるべきところが直角じゃないような気がします。

 大きい分には、切ればいいのですが、5mmぐらい隙間が開いている部分が出来てしまったところもあります。クッションフロアはカッターで簡単に切れるので、ちょっと大きめに作ってもらえばよかったと思いました。

 しかし、短辺方向が長すぎると、丸めた状態から戻すときに難儀しそうです。長編方向は10cm単位で長くても全然OKのような気がします。今度買うときはその点に注意して切ってもらうようにしたいと思います。


 クッションフロアの敷き込みが終了しても、客が来ません。とりあえず掃除します。

 押入れの床は拭いていたのですが、壁は拭いてませんでした。壁も拭くと雑巾が真っ茶色になります。このまま布団などを入れていたら、布団が真っ茶色になるところでした。

 とか思っていると、佐川さんが到着。手ぶらでインターホンを鳴らして、在宅を確認してからトラックに戻り、ウッドカーペットをもって来ました。30kg以上あるウッドカーペットを持ってきて不在だとガッカリすることでしょう。

 買ったのはコレ↓です。
 

 さて、30kg以上あるウッドカーペットを受け取り、自分で敷き込みます。かなり重いですが、一人でなんとかなりました。

 私の部屋は4畳半+30cm幅ぐらいの板の間があります。板の間の部分は敷かなくてもよさそうですが、「連続性」を重視して6畳サイズを買いました。木目と平行に切り詰める分には、カッターで簡単に切ることが出来ます。

 しかし、この板の間部分、両サイドに出っ張りがあり、ちょっと狭くなってます。2cmぐらい切り詰めないと、出っ張りに乗っかって浮いてしまいます。

 のこぎりで切るつもりですが、面倒なのでまた後日やることにします。もしかしたら、面倒すぎて板の間部分は全部カッターで切り詰めてしまうかもしれません。


 東京電力も来ました。

 ブレーカーの交換を見るのは初めてです。

 よく考えたら、ブレーカーの上流の電気を切るわけにはいかないので、ホットなまま作業することになります。

 ホットな電線をカバーするキャップのようなものをつけて作業してたのですが、そのキャップにお守りがぶら下がってました。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月28日

買出し

 クッションフロアと照明(シーリングライト)と押入れ用のスノコを買ってきました。

 以前書いたように、スーパービバホーム埼玉大井店です。

 クッションフロアはカットをお願いしなければならないので、まず最初に頼みました。

 そして、カットをしてもらっている間に、他の買い物をします。

 照明はギリギリまで悩んで、スリム管かつリモコン付きにしました。6980円です。3部屋分なので3個買いました。

 スノコは全押入れ分買おうかと思ったのですが、3段×5コマって15個なので、下段分だけにしました。そうすると必要数は5個です。2個はすでにあるので、3個買いました。


 さてクッションフロアが出来上がりました。

 短いほうの辺が 2.65m あります。巻くと、長さ2.65mの円柱状のモノになります。

 ウチの車はフィットです。シートアレンジすると2.4mの荷物が載るのですが、2.65mは微妙です。先っちょを助手席のダッシュボードに載せれば25cmぐらいはいけそうな気がします。

 イザとなったら、リヤゲート開けっ放しで持って帰ろうかと思っていたのですが、幸いにもギリギリ入りました。後ろ側を右側にして、斜めに置けばあと10cmぐらいいけそうな予感です。

 もちろん、クッションフロアのほかに、シーリングライト3つと、スノコ3つを混載です。フィットの積載能力、スバラシイ。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月24日

入居手続きなど

入居手続き

 ついに、本日は入居手続きであります。

 青山の公社に行って、請け書(民間で言うところの契約書)に自分と保証人の名前などを書いた書類を提出します。

 そのほかに、保証人の身分を証明するものと、所得を証明するものを提出します。

 それだけです。公社の耳タコな説明を聞いて、正しく準備できていれば、3分もかからず手続き完了です。

 しかし、流れが悪い。

 私に渡された番号札と、呼ばれている番号は20番差ぐらいなので、20人ぐらい待っていると思われます。

 受付の人は8人ぐらいいるので、1人3分として、20×3÷8=7.5分ぐらいで私の番が回ってきそうなものですが、20分ぐらい待たされました。

 必要書類についての個別説明会と化しているような気がします。間違って、自分の身分証明書とかを持ってきている人もいそうな気がします。それは資格審査のときに出しているので不要です。

 もしくは、保証人を誰にするのか、なんてことを相談しているのでしょうか。

 書類が全部そろっていれば、保証金(2か月分)を支払って、住宅使用許可書(石原都知事の名前入り!)を貰って終了です。

 ちなみに保証金を払ったときに押されるハンコが銀行のものなので、お金を扱っているのは銀行員かもしれません。


 今日は青山へは電車で行きました。渋谷から歩いたら例によって谷から上がるのに疲れました。銀座線渋谷駅のホームは3階にあります。もしかして、この地下鉄は渋谷の3階から水平に走って坂にぶつかり、地下に突入しているのではないかと思いました。銀座線の線路沿いに歩道橋を作ってもらいたいです。

 帰りは表参道駅まで歩きました。160円払う価値はあると思います。特に今日は暑かったし。

 表参道ではどの路線に乗るか、ちょっと悩みましたが、渋谷での乗り換えの楽さ・落差(高低差)を考えて、銀座線に乗りました。大正解でした。変に路線距離で最短を狙って千代田線に乗ると、高低差がありすぎだったでしょう。


 その足で、窓口センターに行き、鍵を受け取ります。

 今回は、下見のときとは違って、思いのほか早く鍵が出てきました。


 帰り、地元駅の駅前にある不動産屋に行って、駐車場の契約をしました。これは別に今日でなくてもいいのですが、「手続きモノ」のついででこの日にしました。


 家について食事したあと、買っておいた水道の蛇口(混合水洗)を持って、都営住宅に行きました。今日はBフレッツの現地調査です。

 混合水洗の取り付けに苦労していると、NTTの下請け業者さんが現地調査にやってきました。

 光ファイバーは通ることは通るようです。しかし、都営住宅では、自治会の承認が必要になります。意味不明です。なぜ建物管理者の都じゃなくて自治会なんでしょうか?

 そして、自治会の承認が降りてから1ヶ月はかかるそうです。待ってられません。

 棟で1人目の場合は、この儀式が必要なのだそうです。棟内に1人でも先客がいれば、スムーズに進むそうです。

 隣の棟には光ファイバーが入っているのが見えるので、そっちなら早く開通できたことでしょう。


 さて、水栓のほうは、シールテープを無駄にしつつ、なんとかカタチになったので元栓を開けました。しかし、水が漏れてきます。

 ちょっとでも戻す方向に回してしまうとダメなようです。

 ギュウッ! と締めなくても、戻す方向にまわしさえしなければ、漏れないようです。シールテープの巻き数で調整すると聞いていたのですが、巻き数はどーでもいいっぽい気がしてきました。

 とりあえず、今漏れていないので大丈夫だと思われます。


 このあと、引越し屋の見積もりが来ます。

 見積もりは大変です。見積もりサイト経由で連絡があった数社の中から、見積もりを頼む業者を選ばなければなりませんでした。

 見積もりしてくれる会社が10社ぐらいあるのですが、全部に頼むと時間が足りません。2〜3社程度に絞らないとやってられません。

 選ぶ根拠としては、値段を見たいのですが、それには見積もりが必要です。まさにニワトリが先か、タマゴが先か。

 結局、見積もりサイト経由で来たメールとかホームページの印象で、見積もりを頼む業者を決めることになります。

 私の場合、IT屋視点から見て最もシステムマチックな印象だった会社を選びました。888の会社です。

 そして、今日でたお見積もりは、2トンロング車・2往復+エアコン移設で7万ジャスト。税込み。

 閑散期の平日に引越し日を設定したので、もうちょっと激しく値引き交渉すれば値引けたような気もします。あまり困った顔してなかった印象です。


 ・・・と、盛りだくさんな一日でした。

 あとは入居可能の6月1日までの間、ちょっとづつ掃除していきます。掃除機の持込みは大丈夫かな?

 判断基準は「手荷物」の範囲かどうかといった感じです。手で持っていけるから大丈夫かな!?
posted by 10a10ta9 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月23日

荷物整理

 ちょっとづつ部屋を片付けているのですが、なかなか片付きません。

 私の部屋はドン・キホーテもビックリなほど圧縮陳列状態で、火事になったら4畳の部屋から出れずに焼け死んでしまいそうなぐらいモノが沢山あります。

 まずは足元に転がっている物体をどうにかしなければならないのですが、収納場所が無いので床においてあるわけであり、どうにもなりません。

 棚においてあるものを調べて捨てようとしても、調べるためのスペースがありません。

 それでもちょっとずつ荷物の山を取り崩して、段ボール箱3箱分ぐらいのごみを排出しました。

 しかしまだまだ作業スペースが足りません。ゲームの倉庫番をリアルでやっている気分です。


 明日は古着を捨てられる日なので、ちょっと気分を変えてタンスの整理をしました。奥のほうにある、3年以上着てない服はドンドン捨てます。

 自分の部屋での整理が進まなかったフラストレーションを発散するがごとく、ドンドン捨てました。ゴミ袋2袋分の古着を一気に捨てました。

 大人になると、体が成長しないので、「もう着れないから」という捨て方ができなくなります。高校時代に着ていた服なんてのもありました。


 タンスの服を捨てても、自室のスペースは広がりません。

 自室には、タワーPCが6台あります。

 1台はバリバリ現役なので、捨てられません。

 1台は電源を入れれば使える状態にはなっているはずですが、ここ何ヶ月か電源を入れてません。電源を入れたら、WindowsUpdateが走ってイヤだな、とか思うだけで電源を入れる気がしなくなります。そもそもCeleron600MHzぐらいで、どうにも使いでがありません。

 1台はAT電源で MMX Pentium200MHzぐらいのが乗っていたものだと思います。前回(4年前)の引越しのときにすでに使っていない状態のまま持ってきて、そのまま棚の肥やしです。

 2台は3年前に貰ってきたもので、PentiumII400MHzぐらいのPCです。貰ってから実運用したことがありません。

 残りの1台は何が入っているのかさっぱり分からないのですが、Celeron733MHzぐらいだったような気がします。メモリがささっているかどうか、記憶にありません。

 そのほかに、使っているスリムPCが1台、壊れたスリムPCが2台あります。ちなみにコレを書いているのに使っているのは、ノートPCです。

 パソコンはリサイクル法施行以降、捨てにくくなりました。面倒なのでそのままです。正しく捨てる場合は、4200円かかります。コチラ参照

 無料回収業者も有るようですが、これらのスペックだと有料になりそうです。

 ググッて見ると、キーワード広告に「連絡不要!ただ送るだけでどんなパソコンでも引き取ります。」とかいうのが出てきます。


 ページを見ると、

性能や機能、大きさ、年式は問いません。また故障していてもかまいません。
ただし部品取りされている状態のものはお取り扱いできませんので、ご注意下さい。


 と書いてあります。

 部品取りされたPCでも、故障した部品を載せておけばOKなんでしょうか?

 ウチの在庫があれば、すべて壊れた部品で構成されたPCさえも実現可能です。
posted by 10a10ta9 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月21日

ホームセンターめぐり

 都営住宅の下見をしてから、週末を利用していろいろなホームセンターをチェックしてきました。

 照明(シーリングライト)は絶対に買わなければなりません。

 DK(台所)はフローリングなのですが、足音低減のためにクッションフロアシートを敷こうと思っています。

 自分の部屋となる、北側の4畳半和室には、ウッドカーペッを敷きたいです。

 網戸も買わなければなりません。

 台所の蛇口も交換したいです。

 引越し前後は、ホームセンターが大活躍しそうです。


 最初、ジョイフル本田瑞穂店に行きました。最近オープンした、大型ホームセンターです。都内であの規模は珍しいと思われます。

 クッションフロアは2m幅までしかありません。

 カインズホーム青梅店にも行きました。

 ここには4m幅のクッションフロアがありました。しかし、私が欲しいのは 2.7m幅なので、ちょっと勿体ないです。

 スーパービバホーム埼玉大井店にも行きました。

 ここには2.7m幅のクッションフロアがありました。いろいろ探してみるものですね。

 ビバホームは蛇口も安かったです。ここでまとめ買いしそうな予感です。


 照明は、絶対にインバーター式にしようと思っています。これはもうずっと昔から思っていたことなのですが、今住んでいる賃貸に付属の照明がグロースターター式だったので、インバーター式に交換する機会も無く使い続けていました。

 リモコン式にするかは悩みどころです。リモコン式はリモコンをどこかに置かなければならず、大抵はリモコンホルダを壁にネジ止めするわけですが、賃貸物件にネジ止めするのは気が引けます。

 照度調節可能な機種もありますが、おそらく、リモコンが必須でしょう。

 最近のシーリングライトはスリム管が主流のようです。器具、管は高いけれども、省エネなので長期間使っていれば元は取れるというものらしいです。実際に計算していないので謳い文句どおりお得なのかは分かりませんが。

 インバーターだけが条件なら、広告の品で3980円のがありました。リモコンとかスリム管とか言い出すと、千円・2千円と高くなるようです。これを3部屋分買わなければならないので、結構悩んじゃいます。


 シーリングファンも結構安いので、買っちゃおうか悩んでます。

 
posted by 10a10ta9 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月17日

駐車場3

 昨日は定休日だったところに、再度電話しました。

 今度はすぐ出ました。(当たり前ですが。)

 そして駐車場の場所(「某児童館の向かい」という表現)を言ったら、即答で、「あります」と答えられました。

 検索能力がコンピューター並みです。いや、単に管理件数が少ないのでしょうか?

 そんなことはどうでもよくて、近くに空きがあって安心できました。


 実際の契約は、駅前付近にあるその会社に出向いて手続きしなければなりません。

 1か月分の賃料と、1か月分の仲介手数料と、仲介手数料に対する消費税が必要です。13,000円なので、13,000+13,000×1.05=26,650円かかります。

 駐車場代の相場13,000円というところで、都内のどのあたりかが想像できちゃいそうな気がしますが、まあ、そんなあたりに住んでいると思ってください。

 その他に免許証と車検証とハンコが必要です。(←ほとんど自分用のメモです)

 このあたりの手続きは、都営住宅とは関係ないですね。引越しブログと化しているような気もします。ごめんなさい。
posted by 10a10ta9 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月16日

駐車場2

 2番目に近い駐車場の電話番号を現地看板で調べて、電話してみました。

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 ぷるるるる

 電話をしても、誰も出んわ。

 超多忙なのかと思い、時間をおいて再度電話してみましたが、同様に誰も出ません。


 電話番号でググッたら、会社のホームページを発見できました。今日は定休日だったようです。

 定休日のアナウンスか、最低でも留守番電話ぐらいスイッチを入れといていただきたいものです。


 ここの駐車場は1番目に近いところとほぼ同等な距離です。しかし、アスファルトじゃない上に、雑草生えまくりです。

 でもでも、なんといっても近さが最重要項目ですので、ここが空いていたらここを選びたいと思います。
posted by 10a10ta9 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月14日

駐車場1

 私が入居する都営住宅には駐車場がありません。

 近隣の民間月極駐車場を探すことになります。

 とりあえず、最寄の駐車場の看板の電話番号を見て、電話してみました。

 すると、予想通りというかなんというか、空きはありませんでした。

 他に近所で管理している駐車場は無いか聞くと、ちょっと離れたところにあるとのことでした。

 電話での話しなので、具体的な場所はまだ分かりません。しかし、そこよりも近い、他社の駐車場がありそうな気がします。

 別の駐車場をあたってみることにします。

 ただ、今電話しているところが最も近い駐車場だし、アスファルトなので一番契約したいところです。

 なので、予約を入れてみました。予約方法は、名前と電話番号を言うだけという、なんともテキトーなものです。

 何番目かは、こちらから聞かないと教えてくれませんでした。なんともテキトーなものです。

 ちなみに3番目でした。

 「そこ、なかなか空かないのよねぇ」

 と、面倒くさそうに話していたのも印象的です。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月13日

Bフレッツ申し込み確認

 NTTから電話がかかってきました。

 NTTは番号通知でフリーダイヤルの番号を通知してきます。

 Bフレッツの申し込みはもう5回ぐらいしているような気がします。自宅のだったり、仕事でだったりするのですが、申し込みすぎてプロ級です。

 でも、申込日の翌日、しかも土曜日にかかってくるとは思いませんでした。仕事が速い上に、土曜も仕事してるんですね。

 そんなことを思いながら、0120で始まる番号通知をみながら電話を取りました。


 確認事項を確認していきます。

 今の建物は、現地調査済みではないので、現地調査から入ります。なので、現地調査の日程を決めます。工事日(開通日)は現地調査の後で決まります。現地調査から工事日までの日数は、順調な場合で2週間ぐらいです。

 とにかく現地調査を早く入れてもらわなくてはなりません。それで、早めの申し込みをしたのです。

 その結果、現地調査は鍵の受け渡し日である24日に入れることができました。午前中、青山で入居手続をして、その足で窓口センターに行って鍵を貰ってきます。午後には現地調査可能になります。

 鍵を貰う5月24日から、入居日の6月1日までの期間は引越しをしてはいけないことになっています。説明会では、「手荷物程度なら持込可」「クルマでの引越しはダメ」という説明でした。NTTの現地調査ならOKでしょう。

 手続きとしては最大限努力した最速の日程だと思いますが、6月4日ぐらいに本格的に引越し屋を呼んで、寝る場所を移動しようと思っているので、それに間に合わないかもしれません。

 ウルトラC技で、下見のときに鍵のコピーを作ってしまうという手も考えられなくは無いですが、犯罪チックです。

 次に、ひかり電話の確認です。

 追加番号(マイナンバー)も申し込んだので、番号が2つになります。

 それと、同番号移行は使いません。現在使用している番号は、使いまわされた番号のようで、昔使っていたアベさんあての電話がかかってきます。3割ぐらいがアベさんあてです。

 しかも、現在でもアンケートに答えるときなどに使用しているのかと思われるような電話がかかってくることもあります。

 常日頃から、番号を変えてやろうと思っていましたので、変えるにはいい機会です。

 ここで、番号の割り当てを受けます。例によって、5つの番号を仮に出されて、その中から選びます。

 5つの連番が出てきました。使い回しではないと思われます。最初の2つを選びました。

 Bフレッツのお客様番号である、通称「COP番号」もここで発行されます。これは選べません。表に出てくる番号ではないので、選ぶ必要は無いでしょう。


 これで、Bフレッツに関しては現地調査待ちとなりました。


 ・・・と、思ったら30分後ぐらいに再び電話がかかってきました。

 マイナンバーを申し込んでいるけど、同時通話(ダブルチャネル)を申し込んでないので同時通話できませんよという話でした。

 知っててそうしているので、ダブルチャネルは要らないと答えておきました。

 受付マニュアル上、確認しておかなければならない事項だったのでしょう。
posted by 10a10ta9 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月11日

Bフレッツ申し込み

 Bフレッツに申し込みです。

 今住んでいる賃貸では、GyaO光(VDSL)を使用しています。約1年前にこのマンションで使えるようになったので、開通と同時にBフレッツから乗り換えて使ってました。

 そして、最低利用期間(いわゆるシバリ)の1年が過ぎたところです。非常にちょうどいいタイミングです。

 プロバイダの解約は意外と面倒というか悪質です。解約の申し込みをすると、解約のための書類が郵送されてきて、それに必要事項を書いてハンコを押して返送して、さらに翌月末日に解約とかになります。

 早めに行動しないと、2か月分ぐらい余計に課金される可能性があります。

 私の場合、GyaO光についてはもう解約書類が届いていて、あとは適当な時期に郵送するだけになっています。6月に入ってもちょっと使うので6月末解約にするつもりです。この場合は、5月21日以降の消印になるよう、ポストに入れればいいようです。


 さて、Bフレッツの申し込み。とりあえず安いマンションタイプで挑戦してみます。そしたら代理店から、マンションタイプは無いと言われてしまいました。しょうがないのでハイパーファミリーを選択します。これはまあ想定の範囲内です。

 建物を見ると、隣の棟には電柱から光ファイバーが入っているのが見受けられます。マンションタイプが入っていれば、どの棟にももれなく光ファイバーが配線されると思いますが、ウチの棟には入ってません。

 おそらく、隣の棟にはハイパーファミリーで契約している人がいるものと思われます。もしくはダークファイバーで、契約はテプコだったりする可能性も無くは無いですが、どちらにしろ光ファイバーをぶち込むことは可能と推測されます。


 Bフレッツの申し込みにおいて、最近は、〜 with フレッツ というヤツで申し込むのが普通かと思われます。〜 の部分にはプロバイダ名が入ります。

 これは、支払い先がプロバイダのみになります。光ファイバーの分(NTT東西の分)もまとめてプロバイダに払います。問い合わせ先などもプロバイダになります。

 料金的なメリットはありませんが、キャンペーンで初期投資(とか開通後何ヶ月かの料金)が若干安くなるかもしれません。

 でも私は、昔ながらの、NTTとプロバイダを分離して申し込むことにしました。これはもしものときに、プロバイダの移転が楽なところがいいのです。「もしも」ってどんなときかはよくわかりませんが。


 ひかり電話も申し込みます。基本料が安いのが魅力的です。たったの500円。一般加入電話の1700円と比べると、なんと1200円もオトクです。

 それと、追加番号(マイナンバー)が月100円でもらえるのが魅力的です。同時通話(ダブルチャネル)も申し込むとさらに月500円かかりますが、それ無しでの申し込みも可能のようです。

 ダブルチャネルを申し込まないと、片方で通話しているときにもう片方へ着信があった際、話中になってしまいます。

 でもいいや。電話することなんて殆どないし。

 ではなぜサブ番号を申し込むのかというと、FAXと明確に分けるためです。電話とFAXの番号が別だとカッコイイのです。完全に自己満足の世界です。FAXも滅多に来ないという話もありますが、それはどうでもいいのです。完全に自己満足の世界です。子供の頃からの夢だった「2番号」が月100円なら激安だと思います。


 さて、申し込んだので、3日以内にNTTから電話がかかってくることになります。 
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入居準備

2007年05月09日

下見6

 鍵を返しに行きます。再度、1駅半の距離を自転車で。光化学スモッグ注意報が出ているけど、気にしない。

 窓口センターに行ったついでに、いくつか質問してみました。

 1つは駐車場。見るからに駐車場は無いのですが、念のため聞いてみました。

 回答は、「無いです。」

 もうひとつは、インターネットについて。住まいのしおりには、「NTTとかの事業者に聞け」と書いてありますが、どの事業者が使えるか程度なら窓口センターで把握してるのではないかなと思ったので聞いてみました。

 しかし、まったく把握してないようです。

 ただ、下見のときに、JCOM(CATV会社)のシールつきのTVアウトレットがあるのを見たので、最低でもJCOMが使えると思われます。

 ちなみに、ADSLも申し込めると思うが、この場所はNTT局舎から遠いです。近所にある今の賃貸で、当初使っていましたが、ブチブチ切れまくって実用に耐えませんでした。リーチDSLも試したけど、それも同様。結局、光を入れて使っていました。

 都営に引っ越しても、光を入れようと思います。ひかり電話も使えることを考えると、JCOMは高いような気がします。

 さて、自転車で帰宅。

 1駅半を2往復したので、6駅分ぐらい自転車で走ったことになります。疲れた。
posted by 10a10ta9 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

下見5

 排水トラップに入れる水をどうやって持っていこうかしばし考え、ペットボトルに入れて持っていくことにしました。

 心の奥では、「水道メーターの栓を開けちゃえ」と思っているのですが、ご近所さんに見つかるとハナからミソが付いた感じになりそうでちょっと不安です。

 部屋の前に行くと、隣の部屋の前で子供(推定:小学低学年)が遊んでいます。開口一番、「どこの人?」と聞かれてしまいました。ちゃんと教育されているようです。

 「こんど隣に引っ越してくるので、下見に来たの」

 「下見って何?」

 小学低学年には難しい単語ですね。適当に答えて部屋に入りました。

 そして、トイレに水を入れました。

 暗くてどの程度入っているか分かりません。

 やっぱり懐中電灯持ってくれば良かったーーー。

 と考えても後の祭りです。適当なところで止めて、違う角度から見たらちゃんと入ってるようです。しかし、トイレ以外に注水する量が足りなくなってしまいました。

 とりあえず、残りは2番目に締め切った空間である浴室の排水口に入れました。

 できれば、水道を出したいけれども、外には隣の子供がいます。余計なことはしないほうがよさそうです。

 他の場所の注水は、鍵の受け渡し日である24日にやろうと思います。

 それと、風呂の天井に、バチルス菌を用いたカビ防止アイテムを貼りました。引越しまで1ヶ月あるので、バチルス菌が活動するには良い期間だと思われます。これは本来ならやっちゃいけないような気がしますが、まあバレないでしょう。1年近く誰も来てなかった様だし。
posted by 10a10ta9 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

下見4

 台所の下の収納の扉の裏に、清掃した業者が張った紙を見つけました。平成18年8月29日に清掃を完了しましたよと。

 平成18年8月29日ですってぇ!!!???

 都営住宅の募集は空きが発生する前からではなかったのか?

 申し込みをした11月には、すでにこの部屋は空き部屋だったのか。

 なんだか公社の仕事の鈍さにビックリガッカリ。

 1年近く空き部屋だったとすると、このニオイも納得できます。

 水周りの排水溝には、排水トラップというものがあります。これは、水をわざと溜めておく事で、配水管から下水のニオイが上がってくるのを防ぐためのものです。

 普通に住んで、普通に使っていれば、普通に機能してくれるのですが、空き部屋になると困ったことが発生します。

 排水トラップの水が蒸発するなどしてなくなってしまい、下水のニオイが上がってきてしまうのです。

 優良な管理会社だと、空き部屋については定期的に訪問し、排水トラップに水を入れます。これは上水道のサビ防止にもなります。そのほかに、部屋の通気とかもします。

 おそらく、公社は8月からなにもしていなかったのだと思われます。それで、トイレなどが下水臭くなっていたのだと。

 あとで、水を持参して注水することにしよう。近所でよかった。
posted by 10a10ta9 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

下見3

 間取りとしては、収納が多いです。

 住まいのしおりの7ページに間取りの例がありますが、それに近いです。

 実際には、バルコニー側の和室と和室の間に押入れがあり、その幅の分広い間取りです。

 61平米ですので、並みの下の分譲3DK並の広さと思います。家族4人でなんとかやっていけそう?

 畳は団地サイズでなく、ちゃんと江戸間です。

 天井高が2500mmぐらいあります。

 壁にボルトが埋め込んであり、家具の転倒防止などに使えるようになっています。

 妙なところにカネを掛けている感じです。天井高2500mm は、民間安物ではありえない高さです。

 一方、安普請と思う部分も多々あります。

 水周りの配管がむき出しです。これは変に埋め込むよりも、メンテナンスを考えればメリットかもしれません。

 洗面が貧弱です。公衆トイレの洗面見たいのが壁から突き出していて、温水・冷水が独立した蛇口です。一応、鏡は付いてますが、小さいです。そして収納がありません。

 トイレは洋式ですが、フタがありません。そこをケチるかよ!!

 台所も温水・冷水が独立した蛇口です。ここは混合水栓を買ってきて交換しちゃおうと思います。

 まあ、とにかく水周りが安普請な印象です。

 一方、建物躯体的には、しっかりしている印象です。

 もしかしたら、大規模リフォームしたら高級物件になりえるかもしれません。リフォームで交換可能な部分はできるだけ安くし、リフォームでごまかせない部分はキッチリ作っているのではないかと思います。

 もっとも大規模リフォームをする機会は無く、取り壊されてしまうような気もするので、そういった設計をした理由が思いつきませんが。
posted by 10a10ta9 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

下見2

 近所の物件ではあるものの、まじまじと見るのは初めてです。

 1階のレベルが高いです。鉄筋コンクリートマンションの1階は湿気が多いので、1階の下にダミーの空間を作るのが良い建物とされています。都営のクセに、その点は合格です。ただ、足の不自由な方にとっては辛いかもしれません。しかし、ちゃんとスロープが付いてます。

 ただ、このかさ上げについては川の近くだからという理由もあるかもしれません。道路よりも堤防のほうが高い川が流れています。そして、住居の道路の高さは、川沿いの道路の高さとほとんど変わりません・・・。

 1階の高さは、堤防よりも若干高いかな? という程度です。それが何を意味するか・・・。

 うちは2階だからまあ大丈夫かなぁ。


 外観については、昭和57年風ですが、外壁塗装はやり直したことがあるような気がします。エレベーターは後付のような気がします。必要な改修は怠っていないような感じです。

 さて、中へ入りましょう。

 入って玄関を閉めると・・・真っ暗。全部閉めてあるので真っ暗になります。まず、玄関からの明かりを頼りに、ドアや窓(日焼け防止の紙)をあけなければなりません。今回は妻と2人で行ったので、玄関を押さえてもらいましたが、1人だと玄関がオートクローザーで閉まってしまうので難儀しそうです。懐中電灯を持っていったほうがいいかもしれません。

 入ると、微妙に臭いです。空き部屋なのにこのニオイはなんなんだ?

 畳には、日焼け防止シートがかぶさっています。窓には日焼け防止の紙でできたカーテンがかかっています。その点は、説明ビデオの通りです。下見が終わったら元に戻せとうるさかったアレです。

2007_0511_toei1.jpg

 間取り図をもらえなかったので、ここで間取り図をさらさらと書きます。引越し後のレイアウトを考えるのが楽しみです。

 トイレが暗いです。電気が付けられませんから。やはり懐中電灯を持っていけば良かったと思いました。

 トイレは暗い上に臭いです。ウ●コ臭いというよりは、下水臭いです。どこにこのニオイの元があるのだろうか・・・。

 風呂も臭いです。

 風呂にシャワーがあるかどうかが気がかりでしたが、ありました。ちょっと安心しました。通知書の「浴槽・浴室有(風呂釜タイプ)」だけしか情報が無く、シャワーが有るか無いかが非常に気がかりでしたが、一安心です。

 風呂釜は風呂場の中に設置されている、自然循環タイプです。2穴タイプというと通じやすいでしょうか。

 風呂を沸かすとき、

1.水を出す
2.適当な量のときに水を止める
3.風呂釜ON
4.適当な温度のときに風呂釜OFF

 という手順が必要なタイプです。ドジっ子さんにはドジをする機会が増えて大活躍できる代物です。

 子供の頃、実家はこのタイプでした。母の苦労は相当のものだったと思われます。

 いや、風呂釜は浴室の外、勝手口の内側にありました。追い炊きしたいときは母などに頼んで風呂釜ONしてもらわなければならず、もちろん適温になったらOFFにしてもらわなければならなりません。

 その後、点火が浴室内からリモートでできるタイプになりました。それだけでもずいぶんありがたいと思ったものです。

 その後、さらに風呂釜がグレードアップし

1.お湯を出す
2.適当な量のときに水を止める

 となりました。それも平成になってからだと記憶してます。

 そして、最近になって、ようやく、

1.自動ボタンを押下

 だけのタイプになりました。ドジっ子さんがドジをできないタイプです。

 私個人的には、8年前の結婚・引越しで、最終形に行ってしまって、8年間ラクをし続けてました。

 この状態から、子供の頃のタイプに戻るのは大変そうです。

 しかし、子供の頃に行ったじいちゃん家では、薪で焚いてました。田舎だからそうゆうこともレジャーとしてやる、というレベルではありません。本当に、薪で焚く風呂しか存在せず、毎日毎日薪で焚いてました。

 それから比べると、ガスが使えるのは楽なもんですよ・・・。

 という話を父にすると、子供の頃は下の川から水を汲んで・・・という話になってしまいます。これは、本当にあった怖い話です。
posted by 10a10ta9 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

下見1

 下見してきました。

 下見をするためには、窓口センターで鍵を借りてこなければなりません。物件は徒歩1分なのに、窓口センターは1駅半ぐらいの距離です。

 窓口センターの管轄範囲は数市にまたがっているので、もっと遠い方もいらっしゃるかもしれません。ウチは近いほうなのかも。

 1駅半ぐらいなので、自転車で行ってしまうか、電車に一駅分乗るか悩みどころです。

 でもまあ、運動がてらに自転車で行ってみることにします。説明会のときにクルマで運動しなかった分を消費し、ガソリン代・駐車代で使いすぎた分を節約します。

 窓口は銀行ライク。番号発行機が置いてあり、窓口がいくつかあり、その奥に執務室があります。客の入りも、午後の銀行のような出入り感です。

 番号2つ分待ち、窓口で鍵を借ります。係りの人は奥のほうに消えていきました。

 ・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・・・・

 まだかなぁ

 ・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 やっと来ました。ネタとして、時間を計っていればよかったと思いました。

 トヨタの人が見たら怒ると思います。まず、鍵が奥のほうにあること。係りの人が歩く距離が長すぎます。いや、これはセキュリティ上必要な距離かな。なにせ、取り扱い物が「鍵」だし。

 説明会のとき、鍵は住んでいる物件については公社に無いと言ってました。とすると、公社にあるのは空き部屋の分だけということになります。

 すべての物件の鍵があるなら、番号順に並べておくと思います。しかし、空き部屋の鍵しかないのだとすると、整理して配置するのが若干面倒になります。

 もしや、整理されず、乱雑においてあって、探すのに時間が掛かるのでは??? と思いました。

 そうとしか考えられないくらい、時間が掛かりました。


 さて、鍵と、下見の注意事項の紙を渡されます。

 電気ガス水道を触るなとか、そういったことが書かれています。それと、6時までに鍵を返却しろとか。

 別の資料だと、5時までと書かれてましたが、窓口で渡された紙には6時までと書いてあります。なぜなんでしょうね。

 そして、1駅半分、自転車で戻り、下見です。
posted by 10a10ta9 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

2007年05月02日

入居説明会3

 説明会で「聞いてねーよ」と思った点などを書きたいと思います。

 まず、下見可能期間が本日から1週間程度であること。

 入居説明会通知書に、今回の説明内容として「下見方法」というのが書いてあるのですが、ついでに期間も書いてくれるとうれしかったと思います。今日可能なら、今日の午後に予定を入れておくんだったよ・・・。

 できれば妻と2人で行きたいので、そこらへんを調整する必要があるし、「下見確認リスト」とかを作っておく必要もあるし。


 そして、下見方法もいい加減な感じです。

 下見の仕方

1.窓口センターで鍵を借りる。
2.自分で部屋の鍵を開けて、下見する。
3.下見が終わったら、自分で戸締りをする。
4.窓口センターに鍵を返す。

 って、おい、立会いする人はいないんですか!!!???

 鍵を借りたら、その日のうちに返すことが決められていますが、その間に合鍵を作ったら、部屋に入り放題です。

 そこらへんは日本的な信頼関係なんですかねぇ。


 浴槽についても驚きがあります。風呂場があるのに、浴槽がない住宅があるのです。

 その点については、姉が市営住宅に住んでいたことがあったので、実は知ってました。姉は新築の市営だったのですが、浴槽はありませんでした。前例踏襲主義って恐ろしいですね・・・。平成に建築して浴槽が無いなんて。

 東京都の場合は、昭和57年以降は浴槽付きにしているようです。さすが東京都!

 そして、ウチの場合は昭和57年度建設であり、ギリギリ浴槽付きです。57年は、仕様がグレードアップした年のようです。

 グレードアップは平成8年にもあり、台所のガスコンロと、浴室乾燥機が標準装備されるようになったようです。

 そう、ウチの場合、ガスコンロがありません。でも、今の賃貸もガスコンロが無く買ってきた(実は貰ってきた)ので、今使っているのを移設すればOKです。近所なのでガスの種類も同じです。


 もう一点、引っかかるのが、自治会についての説明です。

 住宅周辺、ごみ置き場などの清掃は自治会(住民)がやります。廊下の蛍光灯の交換などは自治会が自治会費で買って交換します。

 自治会費は、団地ごとに自治会が決めており、おおむね5000円以内と聞いております。

 「聞いております」っておい・・・。

 自治会費については、公社では把握しておりませんので、自治会長に聞いてください。

 自治会長が誰かについては、公社では把握しておりませんので、近所の方に聞いてください。

 なんじゃそりゃー!!!
posted by 10a10ta9 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで

入居説明会2

 説明会は通知書にあったとおり、約2時間です。

 説明する人は30代ぐらいの女性一人。そのほかに、資料配布とかで3人ぐらい後ろにいます。

 最初に説明会の流れを説明して、その後20分ぐらいのビデオを見て、さらに、配布資料を見ながら延々と説明していきます。

 ビデオに出てくる都営住宅は、非常にボロいです。普通、ビデオを作るときは新築の入居前のキレイなのを選んで撮影すると思うのですが、逆にワザと古いのを選んで撮影しているような気がします。

 ビデオに出てくる人は、まあ普通の女性アナウンサーでした。特にカワイイ訳でもなく、有名人でもなく。

 そういえば、ちょっとまえに免許の更新をしたのですが、その時のビデオは福留さんが出てました。免許の管轄は警察であり、つまり都道府県であり、「さすが東京都」と思ったのですが、良く見たら警察庁(警視庁でなく)と書いてあったので、全国的にこの福留さんのビデオを使っているのでしょうか?

 話を戻して、説明ビデオの中にでてきた書類に、石原都知事の名前が移っている部分がありました。ということは、少なくとも8年以内に作られたビデオだと思われます。

 配布資料のひとつ、住まいのしおりはこのリンクから参照可能です。

 それや、その他資料を見ながら、主だった点について説明していきます。

 社会人になると、2時間ぶっ通しで椅子に座らされる機会が少なくなります。なんだか懐かしい感じがしました。
posted by 10a10ta9 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 当選から下見まで
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。